共和党の重点政策

共和党は次のような『共通善』への道筋を掲げて政治改革に取り組みます。

日本と世界を結ぶ友愛外交

アメリカ主導のグローバル戦略の枠組みではなく、独自の友愛外交を展開する。気候変動、自然災害、紛争、貧困、疫病など地球規模の課題に積極的に取り組む。

人口減少に対応した健常経済

少子高齢化・人口減少社会の現実に立ち、経済成長万能路線から離れ、国民の健やかな暮らしと国土の豊かな自然に配慮した、安定的で活気あふれる「健常社会」を目指す。

ひとりひとりを

大切にする教育改革

即戦力の社会人をつくるための教育、そのためのテストによる選抜を中心とした教育ではなく、個人の「人」としての多様な能力を高め、他者と協調し、生涯にわたって社会変化を自分で乗り越える力をつけるための教育改革をおこなう。

人生100年時代の

豊かなセカンドライフ

広がった定年後の時間を人生のセカンドライフと定義し、国民が社会において積極的に活動し、豊かな生活をおくれるように、雇用・教育・健康・介護などの分野を統合的に支援する。

持続可能な

​エネルギー政策

「健常経済」を前提に、経済活動を地域に立脚したものとすることによって総エネルギー消費を減少させ、原子力発電を廃止し、持続可能なエネルギー政策を推進する。

リスク社会への対応

新型コロナウイルスは日本社会にすさまじいインパクトを与えた。この影響は新型コロナウイルスが終息しても終わりではない。グローバリズムの進展、地球温暖化や気候変動、モンスター台風などの自然災害、インターネットや遺伝子組み換えなどの現代技術の暴走の可能性など、巨大リスクへの本格的な大規模対策をおこなう。

© 共和党 2019  kyowa-to.jp