top of page

とても良いご意見をいただきました。是非、皆さまにも読んでいただきたいです。(事務局より)

更新日:6 日前



共和党の思想に興味を持ち、ホームページに書かれた内容及び共和党協約を読ませて頂きました。共和党の理念は大変興味深く、共感できることも多い内容でした。

そのうえで党のマニュフェストや共和党協約の内容について、いくつか意見や請願がありメールさせて頂きました。私は専門家ではありませんし、政治もそれほど詳しくありません。拙く的外れな内容もあると思いますがどうかご一読ください。


最初に、マニュフェストでも共和党協約でもなく「みんなの広場について」を読んで思った事を書きます。

今の日本には国民が政治に関する議論を活発に行う場がありません。また、メディアの偏向報道により、人によって得る政治に関する情報に差があります。将来的に公営の政治に関する情報共有や議論の場を設けてはいかがでしょうか。各選挙区に公民館のようなもの作る、または既存のものを活用し、選挙演説や候補者同士の議論を行う他、市民が自由に討論したり情報交する場を設け、オンラインでの公開や参加も可能にすればもっと政治を身近に感じれるかと思います。室内で演説を行うことで暗殺の危険も軽減されますし、天候不良の影響も受けません。また、災害時の避難場所としても活用できるでしょう。正直に申し上げれば、現在は各小選挙区の候補者に関する情報を入手し辛い他、候補者同士の討論などもないため誰に投票すべきか結論を出しにくいです。また、デジタル上だけだと情報を意図的に制限することもできてしまうため、念の為、現実にも交流の場が必要だと思います。

2つ目にマニュフェストに関しての意見と請願です。以下項目別にまとめました。

⑨ 【脱旧財政経済制度】

まず医療費の削減について。医療費を削減するために国民の健康を普段の生活や食事を見直してみてはいかがでしょうか。学問は常に進化していますし、日本人の体質にあった食事というものもあります。従来の栄養学の再検証を行い、その結果に誰もがアクセスできるようにしてはどうでしょうか。また日本は他国では規制対象の食品添加物や遺伝子組換え作物が規制されていないなどという話もあります。科学者の意見を広く聞き、危険性のある食品添加物や遺伝子組換え作物を規制して頂きたいです。水や食料の安全性が向上するだけでも国民が健康になり、医療費が削減できるでしょう。

⑩ 【脱官僚体質】

コロナ禍が露呈した日本の医療制度の問題、とありますが、コロナウイルスよりも安全性が未確認のワクチンを使用したことが問題かと思います。現在、多くの薬害が報告されているそうです。WHOを盲信するのをやめ、ウイルスやワクチン関する知識を利権が絡まぬ中立的な立場で再検証して下さい。現在研究が進行中の自己増殖型ワクチン含めmRNAワクチンについて、安全性が確認されるまで人や家畜への接種は停止して頂きたいです。また、ワクチン後遺症に苦しむ人々を補助し、関係者の責任の追及もして下さい。

㉔【課税と助成】

産業の見直しは必要ですが、日本独自の技術、伝統工芸は効率性だけ考えるのではなく、積極的に保護して後世に残して欲しいと思います。後継者育成の援助を行って頂きたいです。

㉖【再生可能エネルギー】

現在各地行われているようなメガソーラー設置はかえって自然破壊だと思います。貴重な動植物が生息する国立公園(釧路湿原など)を潰したり原生林を切り開いてまで建設するのは反対です。また現在多く使用されている中国製ソーラーパネルは火災の危険がある他、その製造過程で環境に負荷をかけているという話もあります。さらに資源に乏しい日本において加工品まで外国製に依存するのは経済を弱体化させるおそれがあります。自分達で作れるものは自分達で作るという自主自立の精神が必要ではないでしょうか。もし太陽光発電を進めるのなら、補助金を出して国産ソーラーパネルを復活させ、製造時の環境負荷の軽減や安全性及び耐久性の向上、リサイクルの推進を行ったうえで進めて頂きたいです。

㉜【農林水産業】

他国で規制されている農薬(グリホサートなど)について日本でも輸入品含め規制を強化すると同時に無農薬栽培を行う農家に助成金を出し、国民の健康を守る農業を推進して頂きたいです。

また、伝統的な里山の農業は長い歴史の中で他の動植物と共存してきたものです。現代的な農業を取り入れつつ、自然と共存する昔ながらの知恵を活かして頂きたく思います。

㉟【安全保障】

安全保障は防衛設備や同盟だけの話ではないと思います。電気、水道、通信、交通等の重要インフラの保護が肝要ではないでしょうか。現在自民党が行っているような安易な民営化をやめ、むしろ国が保護、できれば国有化を進めるべきと考えます。自民党がやろうとしているような水道の民営化やNTTの株を外国に売り渡すようなことは絶対にしないで下さい。

また、近年ではサイバーセキュリティも重要だと思います。強化して頂きたいです。

従来の機密情報保護法には政務三役が除かれているなど穴があります。この穴は早急に塞いで下さい。また、国民の安全を脅かしかねないスパイの取り締まる法制度が必要だと思います。

政治家への政治献金も禁止すべきであると考えます。近年のコロナワクチンによる健康被害は利権絡みによるものではないかという疑念を抱いております。国民の安全を金銭で売りかねない政治献金は禁止すべきです。

3つ目に綱領案への意見です。5ページ、(5)将来構想に関して提案があります。

我が国の憲法前文には以下のようにあります。

「 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。」

しかしながら、現在の国際連合は平和の維持、専制と隷従、圧迫と偏狭の除去に努めているとは思えません。また常任理事国による拒否権の存在など対等な国際関係でもありません。

そこで、憲法に誓った崇高な理想と目的を達成するために、

 侵略戦争の永久放棄

 領土問題の解決に武力を用いない

 核の不使用と将来的な不保持

 対等で平等な国家間関係の維持

 災害時や侵略された際の相互援助義務

 加盟国以外への兵器等輸出の原則禁止

 全ての人類の平等と基本的人権の尊重

 国内のテロ等犯罪組織の取り締まり

 加盟国内での輸出規制の原則禁止

などを規則とした、平和主義国家による新たな国際共同体、世界平和連盟(仮名)の創立を目指す事を提案致します。理想主義的なものですが世界の一般民衆の多くは共感してくれると考えています。また、この連盟が創立され、多くの国が加盟すれば憲法の誓いを達成すると同時に日本は名誉ある地位を占めることができるでしょう。

最後に選挙に関するお願いです。

できれば選挙は不正防止のため防犯カメラを付け国民が見れるようにする他、開票作業も自由に見れるようにして頂きたいです。また、デジタル化は管理者が信用できない人物であれば不正が可能になってしまうのでやめて頂きたいです。手間はかかりますが紙での投票を継続して下さい。

以上で全てになります。

御精読ありがとうございました。

コメント

5つ星のうち0と評価されています。
まだ評価がありません

評価を追加
bottom of page